新規事業

そうだ、シートだ <下請け脱却編>

■下請け脱却

下請けの仕事がほぼ100%の状態の頃、仕事がかなり薄い時期がありました。

長年勤務されていた社員さんも、仕事がなく、社長は断腸の思いでスタッフへ早期退職の打診をしたりし、残ったスタッフは数人になってしまいました。

僕はその頃、大学を卒業し、公務員として働いていました。

しかし祖父の代から長年続いてきた、スリッパメーカーとしての火が消えてしまうのがなんとも悲しく、何かができるんではないかと、3日くらい、必死で考えました。

そのとき、あることを、ふと思い出したんです。

 

■発案

大学の頃、僕は農学部にも関わらず、自動車にはまってました。

はまった車はTOYOTAの初代セリカ、通称「ダルマセリカ」です。

大学一年の頃、近所のバイク屋で一目ぼれ。車に興味が無かった僕は、ダルマセリカをきっかけに車にドはまり。すぐに免許を取って、その後「オールドタイマー」という雑誌の個人売買欄を通じて、ダルマセリカを購入して、いじり、乗り回していました。

その頃、近所でたまたま見た、もう20年モノのダルマセリカがあったんですが、内装がホワイトレザーでパリっと張り替えてあって、それは美しかった。

それを思い出したんです。

「そうだ!車だ!車のシートをやろう!縫製だし。」

趣味と実益を兼ねた、とってもハッピーなプランのようだけども、ここから予想もしなかった出来事が次々とおそいかかるのでした・・・

関連記事

  1. 一流を知る
  2. ブランディングとポジショニング
  3. コラボは恋愛、コラボは結婚
  4. 動き、出会い、コラボが生まれる
  5. 価格と価値の話
  6. シートカバー事業開始 <企画立案編>
  7. ネタ消費という分野

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
Fudousan Plugin Ver.1.7.15